フィリピン留学 > CIA(シーアイエー)
学校基本情報
 
学校名

CIA (シーアイエー)

学校資本
韓国
ロケーション マンダウェシティ
(セブシティの隣)
学生定員数 約270名
日本人割合 約30〜40% 授業時間数 39時間/週
(休憩時間を含む)
クラスレベル 最大10段階 到着日 毎週
土曜、日曜
オリエンテーション日 毎週月曜日
(祝日の場合は翌平日)
ひとこと 一日8時間授業+必須自習時間2時間のセミスパルタ学校
宿舎タイプ 1人部屋(プレミアム外部寮)、1人部屋(内部寮)、2人部屋、3人部屋
学校設備 食堂、売店、自習室、フィットネスルーム、バスケットコート、屋外ミニプール
宿舎室内設備 ホットシャワー、トイレ、ベッド、デスク、エアコン、クローゼット、テレビ(プレミアム外部寮のホテルのみ)、冷蔵庫(プレミアム外部寮のみ)、Wi-Fi(無料)
※プレミアム外部寮のミドリ1人部屋のみ、上記に加えてドライヤー、電子レンジ、IHクッキングヒーター、キッチン用品があります。
その他

ご入学の際は、海外旅行傷害保険 (海外留学保険)へのご加入が必要です。

SSP認定校 AFF-04-006
フィリピン教育省TESDA認定校
門限 平日22時/休前日24時
※朝の単語テスト不合格の場合や、学校規定違反により外出できない場合があります。
お申し込みの際には、以下のリンクより、学校規則を必ずご確認下さい。
http://www.ryugaku-webdirect.com/CIA/schoolpolicy.html
※日本人割合はクラスレベルやシーズンによって変動いたしますのでご了承下さいませ。
学校特徴

特徴
CIAはセブで最も歴史のある韓国資本校の一つであり、しっかりとした学校運営システムと豊富な経験で、韓国にて定評のある英語学校です。

学校はセブシティに隣接するマンダウェシティの大通り沿いに立地し、3つの建物で構成されるキャンパスには、教室・各種設備・宿舎などが入っており、自習室や売店、屋外ミニプールもあります。

学校の敷地内宿舎には1人部屋、2人部屋、3人部屋があり、学校近隣には3種類のプレミアム外部寮(1人部屋)があります。外部寮のうち2種類へは、学校から定期的にシャトルバスサービスがあります。

また、学校周辺は日本食レストランなどが多くあるエリアでもあります。学校からの徒歩圏内にショッピングモールもありますので、買い物や外食にも便利です。

授業は1日に最大8時間(カリキュラムにより異なります)のレッスンがあり、加えて1日2時間の強制自習が義務付けられています。金曜日につきましては短縮授業となりますので1コマ45分になります。

 
 
設備紹介
 
学校外観
学校入り口
受付
     
マンツーマン教室
Sグループ(1:2-1:5)教室
Mグループ(1:6-1:10)教室
     
グループ(1:10〜)教室
自習室
フィットネスルーム
     
食堂
売店
屋外ミニプール
     
2人部屋
3人部屋
宿舎内トイレ・シャワー
     
プレミアム外部寮オーチャード
ホテル
プレミアム外部寮オーチャード
ホテル1人部屋
シャワートイレルーム
     
プレミアム外部寮シティスケープ
ホテル
プレミアム外部寮シティスケープ
ホテル1人部屋
シャワートイレルーム
     
プレミアム外部寮ミドリ
プレミアム外部寮ミドリ1人部屋
シャワートイレルーム
 
※宿舎内の個室にはホットシャワー、トイレ、ベッド、デスク、エアコン、クローゼット、Wi-Fi(無料)が完備されています。
プレミアム外部寮のミドリ1人部屋のみ、上記に加えてドライヤー、電子レンジ、IHクッキングヒーター、キッチン用品があります。
 
スタッフ
 
 
Information Staff
講師&スタッフ
 
 
コース・料金
 
授業料・宿泊費料金(4週間)
  1人部屋(プレミアム外部寮) 1人部屋(内部) 2人部屋 3人部屋
レギュラーESL $1,900 $1,800 $1,500 $1,400
インテンシブESL $2,000 $1,900 $1,600 $1,500
パワーインテンシブESL $2,100 $2,000 $1,700 $1,600
ビジネス $2,050 $1,950 $1,650 $1,550
TOEIC Bridge
$1,950 $1,850 $1,550 $1,450
TOEIC Regular /
TOEIC点数保証
$2,050 $1,950 $1,650 $1,550
IELTS Bridge
$1,970 $1,870 $1,570 $1,470
IELTS Regular /
IELTS点数保証
$2,080 $1,980 $1,680 $1,580
※ESLオプション・WHC (Working Holiday Class)…ESLコースの方で、50ドル(4週)追加されるとワーキングホリデー準備過程の授業を受けることができます。
授業2コマ(1:1, Activity Class)がそのままWHCの授業に割り当てられます。
※授業は月曜日から金曜日となります。
※料金には授業料、宿泊費、食費(平日と土曜日は一日三食、日曜日はブランチと夕食の二食)が含まれています。掃除・洗濯サービスは無料です。
※プレミアム外部寮のミドリでは、別途3,000ペソ/4週間のサービス料がかかります。
※上記料金は4週間当たりとなります。例えば8週間の場合は4週間料金を2倍にしたものになります。
※詳細な費用につきましては、こちらから、お気軽にお見積をご依頼下さい。
短期プラン
レギュラーESL
  1人部屋(プレミアム外部寮) 1人部屋(内部) 2人部屋 3人部屋
1週間 $760 $720 $600 $560
2週間 $1,140 $1,080 $900 $840
3週間 $1,520 $1,440 $1,200 $1,120
インテンシブESL
  1人部屋(プレミアム外部寮) 1人部屋(内部) 2人部屋 3人部屋
1週間 $800 $760 $640 $600
2週間 $1,200 $1,140 $960 $900
3週間 $1,600 $1,520 $1,280 $1,200
パワーインテンシブESL
  1人部屋(ホ(プレミアム外部寮) 1人部屋(内部) 2人部屋 3人部屋
1週間 $840 $800 $680 $640
2週間 $1,260 $1,200 $1,020 $960
3週間 $1,680 $1,600 $1,360 $1,280
(補足情報)
※ESLオプション・WHC (Working Holiday Class)…ESLコースの方で、50ドル(4週)追加されるとワーキングホリデー準備過程の授業を受けることができます。
授業2コマ(1:1, Activity Class)がそのままWHCの授業に割り当てられます。
※授業は月曜日から金曜日となります。
※料金には授業料、宿泊費、食費(平日と土曜日は一日三食、日曜日はブランチと夕食の二食)が含まれています。掃除・洗濯サービスは無料です。
※プレミアム外部寮のミドリでは、別途3,000ペソ/4週間のサービス料がかかります。
※上記料金は4週間当たりとなります。例えば8週間の場合は4週間料金を2倍にしたものになります。
※詳細な費用につきましては、こちらから、お気軽にお見積をご依頼下さい。
区切り線

グループ割引

2名様以上の同時お申し込みの場合、入学金$100を半額の$50にさせていただきます。(必ずお申し込みオンラインフォームの備考欄に同時お申し込み者全員の名前を書いてください。4週間以上の滞在で、同時お申し込みの場合に限ります。)

 
その他の料金

 

ご入学前にお支払い頂く料金

入学金 $100
海外送金費用 6,300円 無料キャンペーン実施中!
※お申込期間が1週間の場合は半額となります。
 

 

現地ご到着後にお支払い頂く料金

SSP
(一回の申請で24週間有効)
6,500ペソ
(日本円参考価格13,000〜16,250円)
宿舎デポジット
(退寮時に問題なければ全額返金)
2,500ペソ
(日本円参考価格5,000〜6,250円)
教材費 4週間あたり1,700ペソ前後
(日本円参考価格 3,400円〜4,250円)
空港送迎費
(空港から学校までの到着時片道送迎)
無料 ※平日は有料(1,000ペソ)
水道代 4週間あたり400ペソ
(日本円参考価格800〜1,000円)
電気代 4週間当たり:1人部屋1,500ペソ、2人部屋1,300ペソ、3人部屋1,200ペソ(日本円参考価格3,000〜3,750円/2,600〜3,250円/2,400〜3,000円)
※ただし、電気の実質使用額が支払済み電気代の150%を超える場合、超過分が別途請求されます。
写真代 100ペソ(日本円参考価格200〜250円)
※ID作成やSSP申請に必要な5cm四方の写真を現地学校で撮影する場合の料金。日本から写真を持参する場合は不要です。
滞在延長ビザ費用
(Visa Extension)
滞在期間に応じて3,430ペソ〜(日本円参考価格7,718円〜)
※滞在延長ビザの費用に関してはこちらのQ&Aビザについてもご参照下さい。
ACR I-Card
(外国人登録身分証明カード)
申請料3,000ペソ前後(日本円参考価格6,000〜6,750円)
※1回の申請で1年間有効
※ACR I-Cardの詳細についてはこちらのページをご参照下さい。
プレミアム外部寮ミドリのサービス料金 3,000ペソ/4週間
※料金表示の$はUSドル、ペソはフィリピン・ペソです。日本円参考価格は過去の為替レートの推移を参考に表示しています。詳細な費用につきましては、こちらから、お気軽にお見積をご依頼下さい。

 
カリキュラム
 
 

総合的な英語力を強化するコース。レギュラーESLコース、インテンシブESLコース、パワーインテンシブESLコースの3種類があります。

  レギュラーESLコース(8時間+自習時間2時間)
マンツーマン授業(1:1) 4時間(Speaking/Reading/Writing/Listening)
Sグループクラス(1:2〜1:5) 2時間(Speaking/Grammar)
Mグループクラス(1:6〜1:10) 1時間(NativeまたはCNN)
グループクラス(1:10〜) 1時間(アクティビティクラス)
自主学習時間 2時間(自習室での必須自習時間)
 
  インテンシブESLコース(8時間+自習時間2時間)
マンツーマン授業(1:1) 5時間(Speaking/Reading/Writing/Listening/Grammar)
Sグループクラス(1:2〜1:5) 1時間(Speaking)
Mグループクラス(1:6〜1:10) 1時間(NativeまたはCNN)
グループクラス(1:10〜) 1時間(アクティビティクラス)
自主学習時間 2時間(自習室での必須自習時間)
 
  パワーインテンシブESLコース(8時間+自習時間2時間)
マンツーマン授業(1:1) 6時間(Speaking/Speaking/Reading/Writing/Listening/Grammar)
Sグループクラス(1:2〜1:5) 1時間(Speaking)
Mグループクラス(1:6〜1:10) 1時間(NativeまたはCNN)
自主学習時間 2時間(自習室での必須自習時間)
※月〜木は各授業1コマ50分、金曜日は各授業1コマ45分の短縮授業になります。
※金曜日は短縮授業のあと隔週単位でスピーチコンテストとレベルテストが行われます。
※卒業前にスピーチコンテストへの参加が義務付けられています(不参加の場合は修了証が発行されません)。
※授業内容やスケジュールなどは、現地状況や各クラスにより、変更される場合があります。
 
ビジネスコース

ビジネスで使われる言葉や表現を学び、さまざまな課題をこなしながら実践で耐えられるレベルにまで持って行くことを目指したコース。開講日と参加レベル(TOEIC380点またはCIAレベル4以上)が学校により設定されており、4週間または8週間でのお申込みが必要です。
<2017年ビジネスコース開講日>
1月23日(月)、2月20日(月)、3月20日(月)、4月17日(月)、5月15日(月)、6月13日(月)、7月10日(月)、8月7日(月)、9月4日(月)、10月2日(月)、10月30日(月)、11月27日(月)
※現地で他のコースからビジネスコースに変更を希望する場合、上記開講日にテストを受けていただく必要があります。最初にビジネスコースで申込みされた方が優先されるため、テスト結果や人数によっては現地でのビジネスコースへの変更ができない場合もありますのでご了承ください。

  ビジネスコース(8時間+自習時間2時間)
マンツーマン授業(1:1) 5時間(Business English: Speaking/Reading/Writing/Listening/Vocabulary)
Sグループクラス(1:2〜1:5) 1時間(Business English)
Mグループクラス(1:6〜1:10) 1時間(NativeまたはCNN)
グループクラス(1:10〜) 1時間(アクティビティクラス)
自主学習時間 2時間(自習室での必須自習時間)
 

TOEICテスト対策を行うコースで、TOEIC Bridgeコース、TOEIC Regularコース、TOEIC点数保証コースがあります。
TOEIC Bridgeコースは参加レベルに制限がなく、マンツーマンと小グループクラスはESL(総合英語)の内容で、大グループクラスでTOEIC Clinicという授業を1日2時間受講するコースです。TOEIC RegularコースやTOEIC点数保証コースへの参加条件に満たない方が準備として受講されることをおすすめします。
TOEIC RegularコースとTOEIC点数保証コースは、参加レベルと開講日が学校により設定されています。
TOEIC点数保証コースの保証内容は、保証条件をすべて満たした上で、学校により規定された目標点数に達しなければ、13週目以降の延長をする際に授業料が免除となります(宿泊料やその他の費用はかかります)。
参加には所定のTOEICまたはIELTS所持スコア提示が必須となり、レベルにあわせたグループ分けが行われます。点数保証条件を満たさない場合は保証がありません。
TOEIC Bridgeコースは1週間から、TOEIC Regularコースは規定開講日から4週間・8週間・12週間で、TOEIC点数保証コースは規定開講日から12週間で、お申し込みが必要です。
<2017年TOEICコース開講日>
1月23日(月)、2月20日(月)、3月20日(月)、4月17日(月)、5月15日(月)、6月13日(月)、7月10日(月)、8月7日(月)、9月4日(月)、10月2日(月)、10月30日(月)、11月27日(月)
※開講日に合わせてご入学いただく学生様は、初日の入学テストがTOEIC形式のテストになります。
※TOEICコースをご希望の方の入学日と開講日が一致しない場合、開講日までの間はESLコースを受講いただきます。
※現地で他のコースからTOEICコースに変更を希望する場合、上記開講日にテストを受けていただく必要があります。最初にTOEICコースで申込みされた方が優先されるため、テスト結果や人数によっては現地でのTOEICコースへの変更ができない場合もありますのでご了承ください。

TOEIC Bridgeコース
  TOEIC Bridgeコース(8時間+自習時間2時間)
マンツーマン授業(1:1) 4時間(ESL:Speaking/Listening/Writing/Reading)
Sグループクラス(1:2〜1:5) 2時間(ESL:Grammar/Integrated)
グループクラス(1:10〜) 2時間(TOEIC Clinic)
自主学習時間 2時間(自習室での必須自習時間)
※月〜木は各授業1コマ50分、金曜日は各授業1コマ45分の短縮授業になります。
※金曜日は短縮授業のあと隔週単位でスピーチコンテストとレベルテストが行われます。
※卒業前にスピーチコンテストへの参加が義務付けられています(不参加の場合は修了証が発行されません)。
※授業内容やスケジュールなどは、現地状況や各クラスにより、変更される場合があります。
 
区切り線
 
TOEIC Regularコース / TOEIC点数保証コース
  TOEIC RegularコースまたはTOEIC点数保証コース
(8時間+自習時間2時間)
マンツーマン授業(1:1) 4時間(TOEIC: Speaking/Listening/Reading/Tutorial)
Sグループクラス(1:2〜1:5) 2時間(TOEIC: Grammar/Vocabulary)
グループクラス(1:10〜) 2時間(TOEIC Clinic)
自主学習時間 2時間(自習室での必須自習時間)
 
<TOEIC RegularコースおよびTOIEC点数保証コースの受講条件とレベル分けについて>
レベル 入門 中級 上級
目標スコア TOEIC600点
TOEIC700点 TOEIC850点
参加時の必須所持レベル CIA Level 4またはTOEIC380点またはIELTS3.0以上 CIA Level 5またはTOEIC480点またはIELTS4.0以上 CIA Level 6またはTOEIC780点またはIELTS6.0以上
コース期間 TOEIC Regularコース:4週間、8週間、12週間
TOEIC 点数保証コース:12週間
模擬テスト 毎週 毎週 毎週
 ※点数保証特典が受けられるのは12週間でお申込みいただいた場合のみとなります。
 
画像
※月〜木は各授業1コマ50分、金曜日は各授業1コマ45分の短縮授業になります。
※金曜日は短縮授業のあと隔週単位でスピーチコンテストとレベルテストが行われます。
※TOEICコースは開講制限があります。別途お問い合わせください。
※卒業前にスピーチコンテストへの参加が義務付けられています(不参加の場合は修了証が発行されません)。
※授業内容やスケジュールなどは、現地状況や各クラスにより、変更される場合があります。
 
IELTSコース

IELTSテスト対策を行うコースで、IELTS Bridgeコース、IELTS Regularコース、IELTS点数保証コースがあります。IELTS Bridgeコースは参加レベルに制限がなく、マンツーマンと小グループクラスはESL(総合英語)の内容で、大グループクラスでIELTS Clinicという授業を1日2時間受講するコースです。IELTS RegularコースやIELTS点数保証コースへの参加条件に満たない方が準備として受講されることをおすすめします。
IELTS RegularコースとIELTS点数保証コースは、参加レベルと開講日が学校により設定されています。
IELTS点数保証コースの保証内容は、保証条件をすべて満たした上で、学校により規定された目標点数に達しなければ、13週目以降の延長をする際に授業料が免除となります。(宿泊料やその他の費用はかかります)。参加には所定のIELTSまたはTOEIC所持スコア提示が必須となり、レベルにあわせたグループ分けが行われます。点数保証条件を満たさない場合は保証がありません。
IELTS Bridgeコースは1週間から、IELTS Regularコースは規定開講日から4週間・8週間・12週間で、IELTS点数保証コースは規定開講日から12週間で、お申し込みが必要です。
<2017年IELTSコース開講日>
1月23日(月)、2月20日(月)、3月20日(月)、4月17日(月)、5月15日(月)、6月13日(月)、7月10日(月)、8月7日(月)、9月4日(月)、10月2日(月)、10月30日(月)、11月27日(月)
※開講日に合わせてご入学いただく学生様は、初日の入学テストがIELTS形式のテストになります。
※IELTSコースをご希望の方の入学日と開講日が一致しない場合、開講日までの間はESLコースを受講いただきます。
※現地で他のコースからIELTSコースに変更を希望する場合、上記開講日にテストを受けていただく必要があります。最初にIELTSコースで申込みされた方が優先されるため、テスト結果や人数によっては現地でのIELTSコースへの変更ができない場合もありますのでご了承ください。

IELTS Bridgeコース
  IELTS Bridgeコース(8時間+自習時間2時間)
マンツーマン授業(1:1) 4時間(ESL:Speaking/Listening/Writing/Reading)
Sグループクラス(1:2〜1:5) 2時間(ESL:Grammar/Integrated)
グループクラス(1:10〜) 2時間(IELTS Clinic)
自主学習時間 2時間(自習室での必須自習時間)
※月〜木は各授業1コマ50分、金曜日は各授業1コマ45分の短縮授業になります。
※金曜日は短縮授業のあと隔週単位でスピーチコンテストとレベルテストが行われます。
※卒業前にスピーチコンテストへの参加が義務付けられています(不参加の場合は修了証が発行されません)。
※授業内容やスケジュールなどは、現地状況や各クラスにより、変更される場合があります。
 
区切り線
 
IELTS Regularコース / IELTS点数保証コース
  IELTS RegularコースまたはIELTS点数保証コース
(8時間+自習時間2時間)
マンツーマン授業(1:1) 4時間(IELTS:Speaking/Listening/Writing/Reading)
Sグループクラス(1:2〜1:5) 2時間(IELTS:Grammar/Vocabulary)
グループクラス(1:10〜) 2時間(IELTS Clinic)
自主学習時間 2時間(自習室での必須自習時間)
 
<IELTS RegularコースおよびIELTS点数保証コースの受講条件とレベル分けについて>
レベル 入門 中級 上級
目標スコア IELTS5.5 IELTS6.0 IELTS6.5
参加時の必須所持レベル CIA Level 4またはIELTS3.5またはTOEIC480点以上 CIA Level 5またはIELTS5.0またはTOEIC680点以上 CIA Level 6またはIELTS6.0またはTOEIC780点以上
コース期間 IELTS Regularコース:4週間、8週間、12週間
IELTS 点数保証コース:12週間
模擬テスト 毎週 毎週 毎週
※点数保証特典が受けられるのは12週間でお申込みいただいた場合のみとなります。
 
画像
※月〜木は各授業1コマ50分、金曜日は各授業1コマ45分の短縮授業になります。
※金曜日は短縮授業のあと隔週単位でスピーチコンテストとレベルテストが行われます。
※IELTSコースは開講制限があります。別途お問い合わせください。
※卒業前にスピーチコンテストへの参加が義務付けられています(不参加の場合は修了証が発行されません)。
※授業内容やスケジュールなどは、現地状況や各クラスにより、変更される場合があります。
スケジュール一例
レギュラーESLコース(月〜木)
時間 時限 クラス
6:40‐8:00 朝食
7:20-8:20 Morning Class 単語試験
8:30-9:20 1時限目 マンツーマン授業
9:25-10:15 2時限目 マンツーマン授業
10:20-11:10 3時限目 マンツーマン授業
11:15-12:05 4時限目 マンツーマン授業
12:05-13:05 昼食
13:05-13:55 5時限目 Sグループ授業 (1:2-1:5)
14:00-14:50 6時限目 Sグループ授業 (1:2-1:5)
14:55-15:45 7時限目 Mグループ授業 (1:6-1:10)
15:50-16:40 8時限目 グループ授業(1:10〜アクティビティークラス)
16:45-17:35 9時限目 強制自習時間
17:40-18:30 10時限目 強制自習時間
18:30-19:20 夕食
19:20-22:00 自由時間
単語試験不合格者は外出禁止
※授業内容やスケジュールなどは、現地状況や各クラスにより変更される場合があります。
 
レギュラーESLコース(金曜日)
時間 時限 クラス
6:40‐8:00 朝食
8:00-8:45 1時限目 マンツーマン授業
8:50-9:35 2時限目 マンツーマン授業
9:40-10:25 3時限目 マンツーマン授業
10:30-11:15 4時限目 マンツーマン授業
11:20-12:05 5時限目 Sグループ授業 (1:2-1:5)
12:05-13:05 昼食
13:05-13:50 6時限目 Sグループ授業 (1:2-1:5)
13:55-14:40 7時限目 Mグループ授業 (1:6-1:10)
14:45-15:30 8時限目 グループ授業(1:10〜アクティビティークラス)
15:35-16:20 9時限目 強制自習時間
16:25-17:10 10時限目 強制自習時間
17:10-18:30 スピーチコンテスト/レベルテスト
18:30-19:20 夕食
19:20-24:00 自由時間
※金曜日は短縮授業のあと隔週単位でスピーチコンテストとレベルテストが行われます。
※授業内容やスケジュールなどは、現地状況や各クラスにより変更される場合があります。
 
各授業について

1:1授業
フィリピン人講師一人に対し学生一人のマンツーマン授業。グループ授業よりもずっと多くの発言機会があり、英語力の早い上達が望めます。

1:1授業

Sグループクラス
フィリピン人講師と2〜5人のクラスメイト(レベルテストによりクラス分けされます)と一緒に、スピーキングや文法、語彙強化などの学習をします。
マンツーマン授業だけでは不足しがちな、大人数との対話能力を伸ばすことができ、同級生と学ぶ楽しさや学習の幅の広がりを実感することが出来るでしょう。

1:4授業

Mグループクラス
フィリピン人またはネイティブ講師(コースやレベルにより決定)と6〜10人のクラスメイト(レベルテストによりクラス分けされます)と一緒に、スピーキングや文法、ネイティブクラス、CNNニュースを題材とした授業などに参加します。

CNNクラス

グループクラス
フィリピン人講師と10名以上(参加クラスにより変動します)のクラスメイトと一緒に受講する授業。ESLコースではアクティビティークラスから選択します(第三希望まで提出後学校が決定)。TOEIC/IELTSコースでは各テスト対策の講義型授業となります。
グループクラス

 
使用教材について

使用教材


Exploring English Series、 Grammar in Use Intermediate、 New interchange Series、SLE Series、American Headway Series、True Stories、 Essential Grammar in Use、 Market Leaderなど

 
その他の情報
 
CIA SCHOOL POLICY:学校規則
  (お申し込みの際には、以下のリンクより、学校規則を必ずご確認下さい。)
  http://www.ryugaku-webdirect.com/CIA/schoolpolicy.html
 

このページの先頭に戻る