フィリピン留学のパイオニア留学ウェブダイレクト
電話番号(受付時間)平日11時~19時 土12時~15時

英語で考えるくせをつけよう!

こんにちわ、Yutaroです。

 

スタッフとして学校に来てからよく生徒さんから相談されるのが、”言いたいことが英語に出来ない”です。

 

僕も実際に経験したことがありますし、理由として考えられる事は、1回日本語で文章を作った後にそれを英語に翻訳して話そうとすることです。

 

それだと会話をする際にテンポが悪くなり、話しづらくなりますし、何より翻訳しながら話すことは非常に難しいです。というのも、日本語と英語は全く別の言葉です。文法も違いますし、単語もその場に応じて使い方が変わってきます。英語にしかない表現もあれば日本語にしかない表現もあり、プロの翻訳家でもその場に応じて近い表現を選び翻訳しています。

 

実際、僕も日本語と英語を交互に喋るのは非常に苦手で、いまだに頭が混乱してしまいます。

 

なので、1番簡単なのは日本語を話すように英語を話すことです。

 

俗に言われている英語脳のことなのですが、英語を聞いたら日本語に訳さずに英語のまま理解をし、英語で文章を作り英語をそのまま話します。

 

英語を英語で考えられるようになると、日本語を話している時と同じように、すらすらと英語が出てくるようになります。

 

ただ、もちろん英語脳を作ること自体が簡単なことではないですし時間がかかりますが、コツを掴めばスピーキングがグッと簡単になります。

 

アイランドキャンパスではCallan Methodという英語脳を作り上げる授業を受けられるため、それを受けてもらえば一番の近道だと思います。

 

ただ、それでも成長が感じられない方や留学に来れない方、もっとペラペラと喋りたい方がいれば試してほしいことがあります。

 

それは、常に英語で考えるくせをつける事です。

 

やり方は非常に簡単で目に入るもの、これからする事、考え事全てを英語で考えるようにします。

 

例えば

 

この写真を見て、頭の中で「2つのりんごがある。」と考えるのではなく、「There are two apples.」と考えるようにします。

 

りんごがAppleということは一般常識のように知られているため、Appleと聞いたらすぐに上の写真のようなイメージが沸くと思います。

 

HelloやGood morningもわざわざ日本語に訳さなくても分かるように、努力次第では何でも聞いた瞬間に頭にイメージが浮かぶようになります。

 

その中でも普段の生活に取り入れてほしいのが、1つ1つのこれからする行動を英語で考えることです。

 

例を挙げるとまず、朝起きたら

 

「Good morning! It’s really hot today …」

 

「I sweat a lot while sleeping, so I’m gonna take a shower …」

 

「I’m gonna brush my teeth now …」と何でもいいのでとりあえず思いつくことを英語で考えるようにします。

 

最初はもちろん大変だと思いますが、毎日やっていると考えなくても自然と出てくるようになります。

 

やっていることが簡単になってきたら、もっと難しい表現を使うようにしてください。

 

例えば「I’m gonna take a shower」というシンプルな文から「I haven’t taken a shower since last night, my scalp started iching, so … 」のように少し複雑な文章を作るようにすることで表現方法が一気に広がります。

 

仕事場までの移動時間、トイレ休憩、寝る前のベッドの中など時間も場所も何も必要ないです。

 

英語で考える事を普段の生活に取り入れてみてください。今までと違う感覚が得られると思います。

 

 

 

 

プレミア格安留学

資料請求や留学相談は以下のメニューよりお気軽にお問い合わせください。

留学ウェブダイレクトブログ 一覧

プレミア・ホテルキャンパス 一覧

ページトップ