フィリピン留学のパイオニア留学ウェブダイレクト
電話番号(受付時間)平日11時~19時 土12時~15時

よくある質問

>

マレーシア留学について

マレーシアの特徴は何ですか?

マレーシアの環境を一言でいうと、他民族・多文化国家です。
マレー系・中華系・インド系など様々な文化を持つ異なる民族が共存する国で、東南アジアでではシンガポールの次に治安が良いといわれ、経済発展が著しくASEANの中心国とされています。教育水準が高くイギリスやオーストラリアの有名大学がマレーシアにアジア分校を持っているほか、ビジネス面でも日本を始め多数の外国企業が進出していて、グローバルな環境です。
欧米よりもはるかに安いコストで生活できるにもかかわらず、フィリピンやフィジーよりも先進国に近い環境で、白人国家のようなアジア人への人種差別もなく、日本人が快適に暮らすことができます。

フィリピン留学と比較してどうですか?

フィリピンのほうが経済水準が低い分物価は安く、マレーシアのほうが留学費用やお小遣いは若干上がりますが、街の綺麗さや安全性、インフラの充実度、観光資源の豊富さではマレーシアに軍配があがります。
フィリピン留学はとにかく費用を抑え、外出も息抜き程度に抑えて、長時間学習したいという方が選ばれることが多いです。対してマレーシア留学を選ばれる方は、フィリピンという発展途上国での滞在に不安を感じられる方や、英語学習をしながらも多文化環境での生活や観光旅行も積極的に楽しみたいという方が多いです。マレーシアでのロングステイや大学進学の下見としてまずは語学留学を、という方も一定数いらっしゃいます。
またマレーシアからはシンガポールやタイ、ベトナム、カンボジア等の近隣諸国への海外旅行も非常に安価に楽しめますので、留学中に小旅行をして、学校で学んだ英語を実践で使うという行動的な方もよくいらっしゃいます。
ちなみに、マレーシアのほとんどの語学学校ではグループ授業が中心で、積極的な中国や中東諸国からの留学生とのグループ授業では、初心者であったりシャイな日本人はなかなか発言ができない、ということがあります。
弊社でご紹介するSkyEduはマレーシアでは珍しくマンツーマン授業を提供しており、グループ授業も10名以下の少人数制で実施されているため、自分のペースで学びやすいです。

マレーシアの英語はどうですか?

マレーシアは歴史的にイギリスの植民地であったことから、イギリス英語が普及しています。母語はマレー語ですが異なる民族間の共通語として英語が広く使われており、学校の先生(SkyEduではマレー人講師が大多数です)もイギリス英語を話すことが多いです。
学校の外で現地の方と英語でコミュニケーションをとる機会も多いと思いますが、ホテルや観光地で外国人を接遇するような方は綺麗なイギリス英語を話すことが多く、屋台や大衆的な場所ではマレー系、中華系、インド系などさまざまな民族の英語が聞かれます。マレーシアでは、国際語として使われている多種多様なアクセントの英語に触れることができます。

マレーシアの気候はどうですか?

年間を通して最低気温22度前後から最高気温30度前後と暖かい気候です。朝夕は25度前後と暑すぎず、熱帯地方特有のスコール(一時的な雨)の前後も涼しくなります。
日本の夏に比べ過ごしやすく、1年を通じてTシャツ、短パンで過ごせます。屋内はエアコンが効きすぎていることも多いので、長袖のシャツやカーディガンなどもあると便利です。

マレーシアにはどんな料理がありますか?

マレーシアは他民族国家ですので、様々な料理があります。ラクサやサテー、ナシゴレンやミーゴレンなどのマレー料理、海南チキンライスや飲茶やスチームボートなどの中華料理、タンドリーチキンや各種カレーなどのインド料理の他、ベジタリアン向けの料理も充実しています。
日本料理も人気で、回転ずしや日本の定食屋、ラーメン屋等のチェーンレストランが多数進出しています。イギリスの統治時代を経たマレーシアでは、本格的なアフタヌーンティ(ハイティ)文化もあります。一流ホテルでのアフタヌーンティを日本よりもずっとリーズナブルに満喫できるのもマレーシアの意外な魅力です。SkyEduの学校食堂では毎日3食の食事が提供されますが、学校周辺にも多くのカフェや安価なレストランがあり、学校徒歩圏内だけでも、マレー・タイ・インド・中華・欧米風のレストランやカフェや屋台料理などの食べ歩きを楽しむことができます。

マレーシアの治安は大丈夫ですか?

マレーシアは、東南アジアで2番目に治安がいいといわれています。経済発展に成功した新興国で、政情も安定しており、銃社会でもありません。
治安の良さと暮らしやすさから13年連続で日本人が住みたい国No.1に選ばれ続けており、日本の高校の修学旅行先としても人気の渡航先です。
もちろん、海外ですので気を付けるべき点はあります。
具体的には、夜暗くなってから徒歩で移動しない、ブランド品や高価に見える装飾品などを身に着けない、外出先では携帯やカバンから目を離さない、知らない人から飲食物をもらったり安易についていかない、などです。SkyEduへ留学される方の中には10代~20代の女性も多いですが、皆様そういった点は意識しながらも楽しく過ごしていらっしゃいます。

病院の利用方法を教えてください

学校から車で15分の範囲内には、最新医療設備の整ったホテルのように綺麗な私立病院が複数あり、日本の海外旅行傷害保険へ加入していればキャッシュレス診療や日本人スタッフのサポートが受けられます。体調不良の場合はまずは日本語でスタッフに相談してください。

学校生活について

学校での日本人の割合はどれくらいですか?

SkyEduでは韓国からの留学生が多く、日本人留学生の割合は時期により5~30%未満です。特に6月から8月、12月から2月は韓国の留学シーズンのため、日本人割合が10%未満となることが多く、また3ヶ月以上前に満室となることも珍しくありません。
一方、3月と9月、ゴールデンウィークとシルバーウィークは、日本のみピークシーズンとなるため、日本人割合が比較的高くなる傾向があります。

いくらくらいかかりますか?

4週間あたりの授業料・宿泊費・食事の料金がお部屋タイプによって19万円~23万円前後です。(入学金、光熱費、教材費などは含みません)。詳しくはホームページの学校料金表をご覧下さい。また、ご希望のお部屋タイプと時期がお決まりでしたら、無料留学相談よりお見積もりや空き状況確認のご依頼を承ります。

どのような年齢層の方が留学されていますか?

10代の方から70代の方まで幅広い年齢層の方々が留学されています。毎年2~3月や8~9月は日本の大学生の方が、12~1月や6~8月は韓国からお若い方の留学が増えますが、年間平均では20代半ば~40代の大人の方の割合が高いです。学生の方には2人部屋Aや2人部屋Bが、社会人やシニアの方には1人部屋が人気です。

どんな場所に滞在しますか?

SkyEduでは、学校が提携するコンドミニアム(3LDKほどのマンション)を3~5人でシェアして滞在していただきます。1人部屋/2人部屋S(お二人様でのお申込み時のみ選択可能)/2人部屋A/2人部屋Bから選択します。コンドミニアムの共有スペースにはスイミングプールやフィットネスジムがあり、無料でお使いいただけます。
1人部屋であっても、リビングルームやトイレ・シャワールーム、洗濯機などは他の生徒様との共用となります。
なお、オフシーズンに限り、追加費用はかかりますが、「2人部屋Sのお一人様使い」にてトイレ・シャワールームを占有できる場合があります。
外部のホテル等からの通学や、ホームステイなどの滞在はできません。

友達同士やカップルで同室は可能ですか?

同性同士であればお申込み時点で空きがあれば同室滞在が可能です。異性の場合は、ご夫婦や親子などご家族に限り、2人部屋Sに空きがあれば同室滞在が可能です。

未成年の留学や親子留学は可能ですか?

未成年の方も、15歳以上であればご入学が可能です。航空会社によっては17歳未満の単独渡航に制限がある場合がありますので、ご注意ください。
また15歳未満のお子様は、親御様が同じお部屋に滞在され、授業も受講される親子留学であればご入学ができます。ご家族での同室滞在が可能なお部屋は数が限られ、特に夏休みや冬休みは2か月以上前に満室となることも多いため、ご希望日程、お子様と親御様の年齢と性別をお知らせいただいた上で、お早めにお問合せください。

祝祭日はお休みですか?

はい。現地の祝祭日には原則として授業がお休みとなり、お食事の提供もありません。祝祭日による休校に関しては、授業の振替や返金はありませんのでご了承下さい。
また、マレーシアでは、日本と異なり前日や数日前など急遽祝日が追加制定されたり、変更されたりすることがあります。そのような場合でも振替や返金は行われません。年間の祝祭日についてはこちらのページをご確認下さい。

学校のインターネット環境はどうですか?

学校のロビーエリアと宿舎にはWi-Fi環境があります。一部の教室ではWi-Fiが届きにくい場合がありますので、授業中に辞書アプリなどを使いたい場合はオフライン辞書(インターネットがない場所でも使える辞書アプリ)をご利用ください。現地の回線速度は日本よりも遅く不安定で、天候や時間帯、プロバイダの都合などにより数時間~最悪の場合数日間接続が切れたりすることもあります。学校ではインターネット回線の問題によって生じた不都合や損害などを補償致しませんので、予めご了承下さい。

シャワーやトイレはどのような感じですか?

宿舎となるコンドミニアムには、シャワー(温水)とトイレがございます。2人部屋S以外では、同じコンドミニアムユニットのユニットメイトとの共用となります。トイレとシャワーは同じ空間にあり、バスタブはありません。トイレットペーパーの支給はありませんので、学校近くのスーパー等で購入をお願いします。マレーシアでは一般的に紙の代わりに水を使うので、公衆トイレでもまず備え付けの紙がありません。外出用にポケットティッシュがあると便利です。

洗濯はどうしますか?

宿舎コンドミニアムのユニットには全自動洗濯機や物干しが備え付けられており、留学生の方は各自でお洗濯をしていただきます。粉末洗剤は学校から支給されますが、柔軟剤や液体洗剤、洗濯ネットなどの支給はありませんので必要な場合は現地で購入してください(洗濯ネットは日本からの持参がお勧めです)。

お金・貴重品をどのように管理するべきですか?

宿舎内に個人が使える金庫や貴重品入れはありません。お金や貴重品はスーツケースなどに鍵を掛けてしまっておくなど、各自の責任で管理をお願い致します。学校の事務室でも、お金やパスポートを預けることができます。

お酒は買えますか?

マレーシアはイスラム教が国教ですが、他民族も多数おり、お酒も普通に買えます。学校の徒歩圏内にはバーやお酒が飲めるレストランもあります。
徒歩5分のスーパーでもお酒が買えますが、学校や宿舎での飲酒は校則で禁じられています。見つかると罰則の対象となりますので、お酒は外出時にレストラン等で楽しむようにして下さい。

電車やバスはありますか?

はい。学校最寄りのバス停までは徒歩2分ほど、最寄りの駅「Mutiara Damansara駅」までは徒歩20分ほどです。バスの利用には現地の交通系電子マネーカードが必須となりますが、2週間以上の滞在で頻繁に徒歩圏内以外へお出かけされたい場合はあると非常に便利です。カードの購入方法や使い方はオリエンテーション時に弊社日本人スタッフがご説明します。
また学校最寄り駅からクアラルンプールの中心地であるブキビンタン駅までは電車で30分弱です。
タクシーも初乗りが100円弱と安価なため便利です。

授業や英語の伸びについて

英語を話せなくても大丈夫ですか?

はい、問題ございません。留学当初は周りの人が皆自分よりもできるように見えて萎縮してしまったり、思っていることが伝えられないことに落ち込んでしまう方もいらっしゃいますが、1週間ほどで講師や授業の雰囲気にも慣れ、自分のペースをつかまれる方が多いです。
また、SkyEduでは平日1日の授業時間が「マンツーマン授業3時間+グループ授業3時間の合計6時間」となっていますが、この授業構成を事前に「マンツーマン授業4時間(グループ授業なし)の1日4時間」へ変更することができます。特にグループ授業についていく自信がない場合や、短期間で集中して学習したい場合などは、オールマンツーマンにしておくと、他人の目を気にせずわかるまで質問することができますし、自分のペースで学習できます。

学校ではどのように英語を勉強しますか?

新入生の方には、入学後最初の平日にまずレベル分けテストを受けていただきます。基本的にはスピーキング、リスニング、リーディング、ライティングをバランスよく学べるようにプログラムが組まれますが、レベル分けテストの結果やご本人の希望により内容をアレンジする(ライティングをなくしてスピーキングを増やす等)ことも可能です。授業内容や講師について要望などがあれば、弊社日本人スタッフに日本語で相談できます。

マンツーマン授業を追加できますか?

お申し出いただいた時点で講師や教室に空きがある場合に限り、有料でマンツーマン授業を1日1コマ増やすことができます。料金は4週間26,000円です。現地で直前ですと追加が難しい場合も多いため、できるだけ入学前の事前にお申込みください。

どれくらいで話せるようになりますか?

個人差が大きく、一概にいうのは難しいですが、初心者の方であっても多くの方は最初の4週間ほどで耳が慣れ、5~8週間目あたりからスピーキングの伸びを実感していらっしゃると思います。
「話せるようになる」という定義は人によって違い、留学開始時のレベルや成長のスピードにも個人差はありますが、「間違いを恐れずに積極的に話そうとする方」「受験勉強などで英語の基礎知識がしっかりある方」「(母国語でも)お話し好きな方」が上達が早い傾向があります。

手続きについて

いつ頃申し込めばいいですか?

ご入学手続きの締め切りは、入学日の4週間前までとさせていただいていますが、2ヶ月前には埋まってしまうことが多いです。特にピークシーズンである6月~8月、12月から2月は日本だけでなく韓国から早い段階でご入学お申込みが入るため、4ヶ月以上前に満室となることもあります。
一方4月や10~11月などのオフシーズンであれば、4週間前を切っていても、空きがあれば1~2週間前まではお手続きが可能なことがあります。

入学日や入寮日は決まっていますか?

入寮日は日曜日を推奨しています。日曜日以外にご到着いただくことも可能ですが、日曜日にご到着いただくのが最もお勧めです。例えば2週間のお申込の場合、ご到着(宿舎チェックイン)から14日間後がご退出日となり、最初の平日を除く期間中の平日に授業が受講できます。例として、日曜日に到着されるとご退出は2週間後の土曜日で、最初の月曜日にオリエンテーションとレベルテストを受けていただき、残りの平日は金曜日まで授業が受けられます。
一方、金曜日に到着された場合は、オリエンテーションは翌週の月曜日、授業は火曜日開始となり、ご退出日は木曜日となるため、日曜日到着の場合より授業受講日数が少なくなります。そのため、短期であればあるほど、日曜日に到着していただくほうが効率よく授業を受けていただけます。

短期でも留学可能ですか?

はい。SkyEduでは、1週間単位の超短期からの留学が可能です。
宿舎チェックイン日から宿舎チェックアウト日までの7日間で1週間となり、例えば8日間の滞在となる場合は別途前延泊料金(お部屋タイプにより1泊89リンギ~133リンギ)が必要です。
1週間という短期の場合、マンスリーテストが行われる毎月最終金曜日や現地祝祭日を避け、日曜日ご到着から土曜日ご退出の日程としていただくことをお勧めします。

海外から入学手続きは可能ですか?

はい。以下の3点を満たしていれば、日本に一時帰国されず外国から直接マレーシアへ留学することができます。
1. パスポートの残存有効期間が、マレーシア入国時点で6ヶ月+滞在予定日数以上あること
2. マレーシア入国時に、「マレーシアを出国するための航空券」をお持ちであること(今居る国に帰るものや日本行きなど、他国行きの帰りの航空券を所持していないと、入国拒否をされる可能性があります)

3. オンラインバンキングやご家族の方の代理振込み等で、留学費用を弊社日本国内銀行口座へお振込が可能なこと
留学費用の支払いのタイミングを教えてください

オンラインご入学お申込フォームよりお申込いただいた後、1週間以内に全額(ご請求明細書の「ご入学前にお支払いただく金額」の合計額)のうち20,000円をお申し込み金としてお振込お願いしております。こちらのご入金確認後にお部屋と入学枠が確保されます。
そのあと、残金(合計金額からお申込金20,000円を差し引いた残額)につきましては、ご入学予定日の4週間前までに、お振込みいただければ結構です。

ご入学お申込み頂いた時点で入学4週間前を切る場合は、全額を一括でお振込みください。
留学費用はクレジットカードで支払えますか?

留学費用のお支払いは、原則として銀行振り込みにてお願いしております。
なお、PayPalというアメリカの送金代行システムを利用してクレジットカードでお支払いいただく方法もありますが、PayPal利用時の手数料(支払い額の3.6パーセント)はお客様負担となりますため、通常は銀行振り込みをお勧めしています。

持ち物・準備について

必要なもの、あると便利なものは何ですか?

必要なものはパスポート、航空券、お金、海外旅行傷害保険の証明書(クレジットカード付帯の場合も付保証明書を用意)です。
あると便利なものは、電子辞書、使いなれた文房具、日本のお茶やふりかけ、水着、日焼け止め、特に長期の方は現地ATMで使えるカード類等です。
マレーシアにはイオンやダイソー、伊勢丹や紀伊国屋などもあり、若干割高ですが日本の食品や雑貨なども大抵のものは購入できます。電子辞書や日本語で書かれた英語参考書などは高額ですので、必要な方は日本から持参されることをお勧めします。
お持ち物については、こちらのページも参考になさってください。

日本の電化製品は使えますか?

日本の電圧は100V、マレーシアの電圧は220Vです。日本国内専用の(100Vと記載されている)電化製品を使用する場合は変圧器が必要になります。
ただし、最近のパソコン・スマートフォン・デジタルカメラの充電器は、国内・海外両用(100V~240Vと記載されている)で、現地でも変圧器なしで使えるものが多いです。持参する電化製品がすべて海外の電圧に対応している場合は、変圧器は必要ありません。
一方、ドライヤーやシェーバーは、海外の電圧に対応していないものが多いです。日本国内専用のものを間違って現地で使うと故障するだけでなく火事の原因にもなりますので絶対に使用しないようにしてください。ドライヤーは現地の電圧にあったものを現地で購入するという方法もあります。
マレーシアのコンセントはBF型という三又のもので、プラグアダプター(変換プラグ)も必要です。留学ウェブダイレクトではお一人様2個まで、プラグアダプターのレンタルをご用意しています。ご到着後最初の平日のオリエンテーションでの貸し出し時にデポジット=保証金をお預かりしますが返却時に全額返金されますので実質無料です。
プラグアダプターは安価なため現地にて追加購入されてもよいかと思います。

お金はどのようにもっていくべきですか?

日本円の現金だけでも結構ですが(現地でマレーシアリンギットに両替できます)、特に4週間以上の場合は、現地ATMで現地通貨を引き出せるクレジットカードまたはデビットカード、キャッシュパスポートなどがあると便利です。SkyEduの徒歩圏内には、VISA、MasterCard、PLUS、Cirrusなどのマークがついたカードが使えるATMがあります

マレーシアリンギットを日本で両替した方がいいですか?

日本国内でも空港の両替所でマレーシアリンギットへ両替することができますが、マレーシア現地よりもレートは良くありません。SkyEdu到着後最初の平日に弊社日本人スタッフが学校近くのショッピングモール内両替所(空港両替所よりレートが良いです)へご案内していますので、その際に日本円からマレーシアリンギットへ両替されるのがおすすめです。
ただし、学校の空港送迎を利用しない場合や、土曜日や現地祝日に到着して最初の平日まで1日以上あいてしまう場合など、現地のお金が必要になる方は、日本の出発空港で数千円の少額のみをマレーシアリンギットに両替しておくと安心です。

留学中のお小遣いはどれくらいですか?

個人差が非常に大きいです。節約される方や学生の方は4週間あたり数千円から1万円以内で済まさることもありますが、毎週末観光や外食を楽しまれるなら4週間で2万円~6万円ほど、週末にゴルフや海外旅行をされて10万円程度使われる方もいらっしゃいます。
平均的には、4週間で2~4万円あれば十分という方が多いと思います。

留学中の携帯電話はどのようにすべきですか?

日本で使っている携帯電話をそのまま持っていかれ、料金の高い海外ローミングをしないように設定したうえで、学校やカフェなど無料Wi-Fiが利用できる場所でのみネットを利用される方も多いですが、4週間以上の滞在であれば、携帯電話を「SIMフリー」にしておくと、現地のSIMカードを入れて外出先でも現地通信会社の安価なデータプラン(プリペイドで契約可能)を利用することができます。マレーシアでは、タクシー配車アプリやフードデリバリーアプリ、クーポンアプリなどが大変普及していて、現地のSIMカードを入れることでより便利に利用できます。

お使いの携帯電話・スマートフォンのSIMフリー化の方法は、出発前に日本の電話会社にてご確認ください。
ページトップ