フィリピン留学 > 留学持ち物準備
 
必要なもの
パスポートの写真

パスポート

有効期間が滞在日数+6ヶ月あるものが必要です。コピーを一枚とって財布に入れておくと、両替時に提示を求められたときや緊急時などに便利です。

航空券

フィリピン、マレーシアともに、入国の際に「その国を出国する航空券」の提示を求められることがあります。
日本からの往復航空券か、フィリピン・マレーシアから第三国へ出国するための航空券は必ず用意しましょう。

SSP申請のための必要書類(フィリピンの場合)

フィリピンの語学学校へ入学する場合、SSP等の申請のために証明写真の持参が必要です。
必要な写真の条件や枚数は入学する学校によって異なります。各学校の必要書類については
こちらをご覧下さい。

現金

フィリピン、マレーシアともに、日本円かUSドルを持参すれば、空港・ショッピングセンター・銀行・ホテルなどで簡単に両替できます。また、国際キャッシュカードやクレジットカードもあると非常に便利です。
※国際キャッシュカードとは、海外のATMで、日本にある自分の金融機関の口座から直接現金(現地通貨)を引き出せるカードです(利用機関により、手数料がかかります)。

海外旅行保険証の写真

海外旅行保険証

海外旅行傷害保険(海外留学保険)には、出来る限りご加入下さい。学校・プログラムにより、保険加入を必須としていることが多いです。弊社では、tabiho(ジェイアイ傷害火災保険)をご紹介しております。

 
 
あると便利なもの

電子辞書(スマートフォンの辞書アプリで代用可)

80%以上の留学生が、電子辞書を持っていき、授業中や自習などに便利に使われています。最近は、スマートフォンに辞書アプリをダウンロードして使用し、電子辞書は使わないという方も増えています。現地ではインターネットが不安定なことが多いので、辞書アプリはなるべく「オフラインで使えるもの」をご利用下さい。

デジタルカメラ(スマートフォンのカメラで代用可)

カメラまたはスマートフォンも多くの留学生が持参します。ちなみに、フィリピンやマレーシアでも、メモリーカードを持っていくと数分で写真印刷ができる機械がショッピングセンターなどにあります。

目覚まし時計

授業は朝8時や9時から開始です。スマートフォンなどのアプリで起きる自信のない方は、目覚まし時計があるとより安心です。

変圧器、プラグアダプター

フィリピンやマレーシアの電圧は220Vで、どちらの国でも日本国内専用の(100Vと記載されている)電化製品を使用する場合は変圧器が必要になります。
ただし、最近のパソコン・スマートフォン・デジタルカメラの充電器は、国内・海外両用(100V〜240Vと記載されている)で、現地でも変圧器なしで使えるものが多いです。持参する電化製品がすべて海外の電圧に対応している場合は、変圧器は必要ありません。
一般的なドライヤーやシェーバーは、海外の電圧に対応していないものも多いです。日本国内専用のものを間違って現地で使うと故障するだけでなく火事の原因にもなりますので絶対に使用しないようにしてください。ドライヤーは現地の電圧にあったものを現地で購入する(シンプルなもので1000円弱程度から)、という方法もあります。
フィリピンの場合、コンセントの形は日本と同じですのでプラグアダプター(変換プラグ)は必要ありません。
マレーシアの場合はBF型のプラグアダプターが必要となります(現地にて留学ウェブダイレクトよりレンタルもあります)。

関連スタッフブログ「セブ・マレーシアで日本の電化製品は使えるか?」
http://blog.ryugaku-webdirect.com/preparations/06/02/4793.html

国際キャッシュカードかクレジットカード

4週間未満の短期留学の場合は現金だけ持っていく、という方も多いですが、長期になると多額の現金を持っていって何度も両替するより、現地でお金を引き出す手段を用意しておくほうが安心です。国際キャッシュカードかクレジットカードのどちらか一方、または両方あると便利です。CirrusかPlusマークのついたカードなら、フィリピン・マレーシアともにほとんどのショッピングセンターにあるATMでお金を引き出すことができます。クレジットカードの場合、初期設定で海外でのキャッシングができないように設定されているものも多いので、海外でのお買い物だけでなく、ATMでの現金引き出し(キャッシング)を使いたい場合は、渡航前にカード会社に連絡して設定解除をする必要があります。
国際キャッシュカードは、金融機関などによっては無料で作ることができます。

常備薬の写真

常備薬

慣れない気候と環境で体調を崩したときのために、使い慣れた風邪薬、胃腸薬、頭痛薬などを持参しておきましょう。また、市内中心地は渋滞や排気ガスがひどいこともあります。喉が弱い方はうがい薬やのどぬーるスプレー等があると便利です。
他には、虫よけスプレーや虫刺され用のかゆみ止め、目薬なども日本製のものが使いやすいです。蚊取り線香は火災防止のため多くの語学学校宿舎では使用禁止ですが、電気式蚊取りは現地でも購入できます。

ノートパソコン

最近はスマートフォンやタブレットのみを持参し、ノートパソコンを持参する留学生は少なくなっていますが、長期滞在の方には、勉強や情報収集、データの保存、音楽やDVDなどのプレーヤーとして役立つでしょう。

勉強道具

日本語で書かれた参考書や文法解説書、単語帳などは、特に初心者から中級者の方には必要な場面が多いと思います。現地では日本語で書かれた英語教材はなかなか手に入りません。長期滞在でTOEICなどの資格試験を受ける予定の方も、日本語の教材を自習用に持っていくと良いかもしれません。
透けない・破れにくい紙質のノート、書き味の良いペンやシャーペン 、良く消える消しゴム …日本の文房具の質は非常に高いです! 一日のうち長時間使うものですので、使い慣れたものがあれば日本から持参した方が良いでしょう。

小銭入れの写真

小銭入れ

フィリピン、マレーシアともに物価が安く、コインを使う場面がとても多いです。現地で安価で購入した小銭入れは壊れやすく、質はあまりよくないので、日本から持っていくと便利です。

水筒、コップなど

学校にある飲料水の給水機(ウォーターディスペンサー)で水を補充したり、インスタントのお茶やコーヒーを作るのに便利です。現地でも購入できますが、保温・保冷機能のあるものは日本製品が人気です。

水着

プールがある学校に限らず、週末にビーチへ遊びに行ったりするときのために、多くの留学生の方が日本から水着を持参されています。

 
 
服装について

一年を通して半袖で大丈夫です。現地のタクシーや店内、映画館などはクーラーが効きすぎていることがあるので長袖のカーディガンやシャツなども1〜2枚あると良いでしょう。
フィリピン、マレーシアともにカジュアルな日本の夏の服装でほぼ問題ありませんが、フィリピンではカジノや高級なホテルバー・レストラン等でビーチサンダル、男性の短パンやタンクトップは入店禁止となることがあります。また、教会やモスク等の宗教的な場所では女性のノースリーブやミニスカートも控えた方が良いです。
履物については、道路の舗装状態が悪いことも多いので、ヒールの無い歩きやすい靴がおすすめです。ビーチサンダル(高級店では控える)、サンダル、ヒールの無いミュール、スリッポンやスニーカーなどが便利です。
洋服の洗濯は自分でする場合と学校のヘルパーさんがやってくれる場合がありますが、水も洗剤も日本とは違いますので色あせする場合があります。デリケートな服はなるべく持って行かないか、自分で洗面所等で手洗いするようにしてください。雨期などは洗濯物が乾くのに時間がかかることもあるため、洋服は7〜10日間分くらい用意しておくと安心です。
平日の授業用に、A4サイズのノートやテキストが入る大きさの鞄があると便利です。

 
 
現地で購入しても良いもの

シャンプー・リンス・歯ブラシ・歯磨き粉など

現地のものが安く、特にこだわりのない方は現地で買い足すのが経済的です。現地のショッピングモールやスーパーマーケットなどで、Johnson&Johnsonやラックス、パンテーン、THE BODY SHOPなど日本でもおなじみのメーカーの物が安く買えます。

生理用品

ナプキンはウィスパーなどもあり、種類も比較的豊富です。日本より少し質は落ちますが、かさばるものですので特にこだわりがなければ現地調達で良いと思います。また、フィリピン、マレーシアともに、タンポンは種類が非常に限られていて、売っている場所も少ないです。タンポンを使用したい方は日本から持参した方が良いです。

 
 
日本から持参した方が良いもの

電化製品、電気消耗品全般

乾電池やフィルム、メモリーカード、スマートフォンやPCの関連機器などは現地でも購入できますが、日本の物の方が質が良く、値段も安いことが多いです。

小銭入れの写真

日本食

学校の食堂で食事が出ることが多いですが、レトルトの味噌汁やふりかけ、梅干やお菓子、お茶などがあると、特に長期滞在の方は重宝するかもしれません。フィリピン、マレーシアともに日本食材店はありますが、数は少なく、日本の2倍以上の値段がすることが多いです。

ポケットティッシュ・ウエットティッシュ

現地では外出先のトイレにトイレットペーパーが備え付けられていないことが多いです。現地スーパーでも購入できますが、日本からたくさん持ってきておくと便利でしょう。

コンタクトレンズ・コンタクトレンズ関連用品

フィリピン、マレーシアでも購入できますが、種類は日本の方が豊富です。また、洗浄液などは日本の安売り店の方が安いことが多いです。

 

ページトップへ移動