フィリピン留学のパイオニア留学ウェブダイレクト
電話番号(受付時間)平日11時~19時 土12時~15時

【フィリピン留学準備】現地で日本の電化製品を使うのに変圧器は必要?

フィリピン留学が決まり、荷物の準備をはじめられた方から、「変圧器は必要ですか?」というご質問を受けることがあります。

結論から言うと、「変圧器が必要な方(場面)は少ない」です!

日本とフィリピンでは電圧が違います。(日本は100V、フィリピンは220V

日本国内向けの、100Vでしか使用できない電化製品を、変圧器を通さずにフィリピンのコンセントにつなぐと、火花が出たり、高確率で製品が壊れてしまいます。

実際に、留学生の方が日本専用の電化製品を変圧器無しで使い、持参した機器を壊してしまったり、学校宿舎の壁を焦がしてしまい、修繕費用が請求されたこともあります!

そこで渡航前にチェックしてほしいのは持って行く電化製品の対応電圧です。

電化製品の本体、または電源アダプターや説明書などに書かれているINPUT(定格入力・入力電圧)規格を見て下さい!

アダプター(ノートパソコン)

こちらはノートパソコンのACアダプターです。100-240Vの表記がありますね。

 

 

アダプター(USB急速充電器と電動歯ブラシ充電器)

USB急速充電器と、電動歯ブラシの充電器です。どちらも海外対応(100-240V)です。
電動歯ブラシはメーカーによっては100Vのみの製品もあるようですので、自分の製品の裏面をしっかり確認して下さい!

 

製品のINPUTを見て、上記のように電圧が海外対応になっている(100~240Vなど、220Vをカバーしている)なら変圧器は必要ありません。

実はスマートフォンやタブレット、ノートパソコンやデジカメ等は、上記のように海外でもそのまま使えるものが多いのです。
持っていく電化製品がすべて海外対応のものであれば、変圧器は不要です!

 

一方、下の写真のように、日本国内専用(100Vとしか書いていない)の製品の場合は、変圧器を用意するか、海外の電圧に対応した製品を購入する必要があります。(ほとんどの学校では変圧器の貸し出しは行っていません)

100Vのみのアダプター例

 

ちなみに、ドライヤーやシェーバーなどは海外の電圧に対応していないものが多く、また変圧器を使用する場合も容量の大きな変圧器(大きくて値段も高い)を使わなければなりません。
そのため現地で現地の電圧に対応したドライヤー(シンプルなもので2000円弱位から)を購入する方もいらっしゃいます。

また、最近はAmazon等のネットショップなら国内海外両用(100~240V)のドライヤーが2千円くらいから買えますので、海外によく行く方などは1つそういったものを持っておいても良いかもしれません。

 

海外対応ヘアアイロン

こちらは日本で3000円弱で購入した海外対応ヘアアイロンです。海外旅行に重宝します!

 

また、変換プラグについては、セブの英語学校のコンセントは日本と同じ形状(A型プラグ)をしているので、持って行く必要はありません。

コンセント

 

コンセント2

 

日本から電化製品を持参される予定の方は気をつけてくださいね!

資料請求や留学相談は以下のメニューよりお気軽にお問い合わせください。

プレミア・ホテルキャンパス 一覧

ページトップ