フィリピン留学のパイオニア留学ウェブダイレクト
電話番号(受付時間)平日11時~19時 土12時~15時

【フィリピン留学準備】お出かけ時の3大便利アイテム

フィリピン留学中、放課後や週末にお出かけする時に鞄に入れておきたい、便利アイテム3点をご紹介します!

三大アイテム

 

①折りたたみ傘

フィリピンでは6月~10月が雨季です。とはいっても、セブではマニラ等と比べて雨季の降水量は少なく、日本の梅雨ほど長時間降り続けることもあまりありません。
雨季にはスコールと呼ばれる短時間の強い雨がたまに降る程度ですが、突然の雨にも強い日差しにも対応できる晴雨両用の折りたたみ傘があると便利です!

 

現地でも100~200ペソ(約200~400円)程度から折り畳み傘が購入できますが、安いものはかなり壊れやすい印象があります。(1~2回の使用で壊れた、なんてことも珍しくありません笑)

日本のものが、丈夫さ・軽さ・デザイン面において優れています

 

②ポケットティッシュ

フィリピンでは、ショッピングモールやレストラン等の商業施設にトイレットペーパーが備え付けられていないことがかなり多いです。

ポケットティッシュは、現地のスーパーなどでも数十円程度で購入できますが、紙の質やコンパクトさでは、やはり日本製のポケットティッシュの方が数段優れています。

日本では無料で配られているようなポケットティッシュでも、荷物の隙間に入れて持参すれば現地でとても役立つと思います。

 

フィリピンのティッシュを使い慣れてしまうと、写真の「鼻セレブ」のような高級ティッシュは本当に素晴らしい贅沢品だな、と感じます!

鼻炎気味の方など、柔らかい上質なティッシュを必要とする方は日本からの持参必須です!

 

③水筒(マグボトル)

学校にあるウォーターサーバーで水をくんで、授業やお出かけに持って行く留学生の方が多いです。

現地でも、プラスチックの保冷効果のない水筒が100ペソ(約200円)程度から購入できますが、保冷・保温機能付きのものは輸入品が多く日本よりも値段が高いことが多いです。

一年中夏の気候ですので、水分をこまめにとって体調管理に気を付けて下さいね。

 

他には、以下のようなアイテムも役立つと思います。

 

ウェットティッシュ…ほとんどの外食店でおしぼりが出ないですし、屋外レストランなどでは特に重宝します。トイレ用に便座クリーナーなどをお持ちになる方も。

 

小銭入れ…現地では大きなショッピングモールや中級以上のレストランならクレジットカードが使えるところが多いですが、小さなお店やタクシーなどでは現金のみということも。特にタクシーでは大きな紙幣(500ペソ札)を出すとお釣りが無いと言われることも多いので、移動時には多めに小銭を持っておくと安心です。小さくて丈夫な小銭入れがあると便利です。

資料請求や留学相談は以下のメニューよりお気軽にお問い合わせください。

プレミア・ホテルキャンパス 一覧

ページトップ