フィリピン留学のパイオニア留学ウェブダイレクト
電話番号(受付時間)平日11時~19時 土12時~15時

Grabアプリを活用!マレーシア留学生活をもっと快適に

マレーシアだけでなく、東南アジアでの旅行や長期滞在の際にとっても便利な配車サービス【Grab】、ご存知の方も多いと思いますが、今回は改めて【Grab】の使い方を記事にしたいと思います。

 

なんといっても、日本と比べて低料金でタクシー移動が楽にできるので、SkyEduに来てから私もかなり利用しているサービスです。

 

まずはとっても大事なことから!

 

もし、マレーシアでGrabサービスを活用したい場合は、

_____________________________________

 

①渡航前、事前に日本でアプリのダウンロードと設定を済ませておく(日本の携帯電話番号で登録可能)

 

②マレーシア到着後、現地でSIMカードを購入してからアプリをダウンロード、設定する(SIMカード=マレーシアの携帯電話番号で登録可能)

 

①、②どちらかの方法で登録が必要です!

 

※ショートメール(SMS)を受信できる環境が必要なため、現地でSIMを購入される予定のない方は日本で事前に登録をしておかないと、海外では設定できません…!

 

※現地で購入したSIMを利用するには、お持ちの携帯電話(スマホ)のSIMロックを解除しておく必要があります。

_____________________________________

 

私は日本でアプリをダウンロード、設定まで済ませておき、マレーシアでSIMカード購入後にアプリにクレジットカードを登録してキャッシュレスで決済できるようにしました。

 

目的地に到着後、細かい現金での支払が不要なので非常に便利です!

(※クレジットカードの登録は日本ではできないので現地到着後にのみ可能です)

 

では!まずはアプリを開いてみましょう。

 

 

アプリ内はすべて英語表記ですが、わかりやすいです。

左上段のCarアイコンをタップして

 

 

〇出発地点 と、◎目的地 を入力すると

 

 

運賃が表示されるので(この画面では、学校からツインタワーまでRM18で提示されています)Book Just Grab をタップしてドライバーさんが応答してくれるのを待ちます。

 

ドライバーさんが見つかったら

車種車体のカラーナンバーを確認して合流地点でドライバーさんの到着を待ちます。

 

無事に合流できたら車のナンバーを確認して乗車!

 

 

乗車中は目的地に到着するまで、このように経路到着予想時間が表示されるので安心です。

 

簡単ですよね!私はバスと電車が好きなので普段はMRTを利用しますが、タクシーでの移動が必要なときにはGrabはやっぱり便利だなあと思います。

 

英語があまり通じないドライバーさんも多いですが、行先や料金交渉の必要がないこと、乗車時にすでに料金が決定されていることで安心して利用できます。

 

 

同じGrabアプリで食事のデリバリーサービスも利用できるんですが、こちらもとっても便利です!

 

 

大雨で外出できないけどお腹が減ったとき、外出する気分じゃないけど美味しいものが食べたいとき、などなど私もときどきGrab Foodでファストフードやレストランの食事をデリバリーしてもらうことがあります。

 

使い方は配車サービスと変わらず、まずはメニューを選択してコンドミニアムの住所を配達地点に設定するだけです。

 

車で10分圏内のショッピングモールに提携しているレストランがたくさんあるので、オーダーから到着まで大体30分ほどで配達してもらえます。

以前ヌードルをオーダーした際にはスープと麺は別々の容器で、そして熱々の状態で配達してもらえて感動しました。

 

Grabを活用すればマレーシア生活をより快適に過ごせるのではないでしょうか?

設定などご不明な点はお訊ねくださいね。

 

================================
SkyEduまるわかりガイドはコチラから!
https://www.ryugaku-webdirect.com/lp/skyedu.html
================================

※2019年7月時点の情報です。料金等は変更される場合があります。
1リンギ=27円で換算

資料請求や留学相談は以下のメニューよりお気軽にお問い合わせください。