フィリピン留学のパイオニア留学ウェブダイレクト
電話番号(受付時間)平日11時~19時 土12時~15時

セブで売られている日本のお菓子

先日、ブルボンのバームロールをどうしても食べたくてマニラ近郊から通販Lazadaで取り寄せた記事(こちら)を書きましたが、フィリピン・セブではどんな日本のお菓子が手に入るのか、知っておきたい方が他にもいるかもしれない!と思い立ち、今日はセブで見かける日本のお菓子について紹介していきたいと思います。

 

現地のお菓子にも美味しいものはいろいろあるのでそちらもぜひ試してほしいのですが、渡航前に自分の好きなものが現地でもあるかどうか知っておきたいという方や、セブ島留学で親しくなる人に日本のお菓子をあげたいと考えている方は、値段や現地でも入手可能かどうかなどの参考にしていただければと思います。

 

スーパーでよく売られている日本のお菓子 

外国人客が良く行くような大きなショッピングモール(SM、アヤラ)内にあるスーパーや、お金持ちの方や在住外国人が多い地域のスーパーには日本食コーナーがあり、定番の日本のお菓子もいくつか置いてあります。

品揃えには移り変わりがありますが、その中でも良く見るのがこちらの商品です。

 

アルフォート 95ペソ前後(約207円前後)

 

どこのスーパーでも一番良く見かける日本のお菓子です。確かに、フィリピンの一般的なチョコより明らかに質の高いチョコ+サクサクビスケットの組み合わせは素晴らしいと思います。

 

とんがりコーン 140ペソ前後(約305円前後)

 

何年もずっとセブで売られ続けていて、フィリピン人受けがいいのかな?と思っています。私も好きで、たまに買います。

場所をとるからか(?)たまに安売りされていることもあります。

 

明治のチョコレート 50ペソ前後(約109円前後)

 

 

板チョコが多いですが、1粒タイプのものもたまにあります。

私は明治のブラックの1粒タイプが好きで、常に冷蔵庫に常備しています。(ロビンソン系のスーパーに良く置いてあります)

マカダミアナッツやアーモンドの入ったチョコを見かけることもありますが、ナッツ入りはたいてい150ペソ(約327円)以上と高いので高級スーパー限定という感じです。

 

ポッキー、プリッツ 45~95ペソ前後(約98~207円前後)

 

ポッキーやプリッツは割とメジャーな印象で、お店によっては限定フレーバーなど数種類をそろえている場合もあります。

 

キットカット(日本版) 200ペソ前後(約434円前後)

 

上の写真は値札が間違っています…本当はミニサイズ14枚入りのパックで200ペソ(約434円)くらいします。

たまに、ほうじ茶味など変わったもの(期間限定品?)なども目にします。

 

たまに見かけるもの

エアリアル 115ペソ前後(約250円前後)

 

日本ではそんなにメジャーなお菓子と思っていなかったのですが、セブの普通のスーパーで日本のお菓子コーナーに唯一のスナック菓子として置かれていることがここ数年で増えたと感じます。

とんがりコーンとも少し共通する、ザクザク感のあるスナック菓子がフィリピン人に刺さるのでしょうか。

昔あったオーザックなんかもフィリピン人に紹介したら気に入られそうです。

 

チーザ 150~200ペソ前後(約327~436円前後)

 

こちらもザクザク系ですね! 普通のスーパーでここ最近よく見かけるようになりました。日本のお酒(ストロングゼロやほろよい、檸檬堂、角ハイボールなどの缶入りアルコール飲料はフィリピンにも入ってきています)と一緒に置いてあることも多いです。

小さめサイズの割に高いので買ったことはないですが、気になっています。

 

ダース、きのこの山、たけのこの里、アポロチョコ、コーヒーチョコなど

フィリピンセブで買える日本のお菓子(チョコ)

 

フィリピンでは日本のチョコの人気は根強く、こうした駄菓子的なチョコ菓子もたまに目にします。

上の写真はフィリピンのコストコのような、輸入商品が多い会員制スーパーのものです。

 

日本食材店など決まった場所でしか見ないもの

ようかんやせんべい 100ペソ前後(約218円前後) 

フィリピンセブで買える日本のお菓子(ようかん)

 

フィリピンセブで買える日本のお菓子(ようかんとせんべい)

 

セブの一般のスーパーでは見ないけれど、セブにある町屋マートや三河屋のような日本食材店に行くと置いているのが一口サイズのミニようかん。他にもどら焼きやお饅頭などの和菓子(日持ちするもの)もあります。

また、おせんべい系はハッピーターンや雪の宿、ソフトサラダやうす焼きせんべいなどを同じく町屋マートで見かけます。

 

ブルボンのチョコ菓子シリーズ 120ペソ前後(約261円前後) 

 

前述の「バームロール」を探していた時期に調べた結果、「ルマンド」「エリーゼ」「ホワイトロリータ」「チョコリエール」は見つけられました。セブでは町屋マートに行くのが最も見つけやすいかと思います。

 

ダイソーで売られているお菓子(移り変わりが激しい)

セブのダイソーは定期的に品ぞろえがガラっと変わる気がします。一時期売られていたのに今は無い、ということが他のお店よりもずっと多い印象です。

そのためここに写っているものでも行ったら無い、ということも多いかもしれませんが、こういう例もあります、ということでいくつか写真を紹介します。

特に値札に注意書きの無いものは、88ペソ=約192円均一です。

2 for 88Pは「2個で88ペソ(1個100円以下)」ですし、たまに賞味期限が近いものを40ペソや10ペソ(!)など大幅に値引きして売っていることもあるのでなかなか穴場です。

 

 

ラングリーとたべっ子どうぶつは、セブではダイソーでしか見たことが無い気がします。

 

 

ココナッツサブレとハーベストはセブのダイソーでは割とよく見かけるように思います。

 

 

ポッキーの種類がこんなに揃っているのは珍しいです。

 

 

ダイソーでは飴やグミの種類が多い気がします(スーパーにはあまり置いていない)。サクマドロップス(缶入り)もたまに見かけました。

 

セブで買う日本のお菓子は、どれも日本での2倍くらいの値段なので高いと感じるとは思いますが、たまに食べると格別です!
セブ島留学中、勉強でストレスがたまったときや、いざというとき(?)の参考にしてください!

資料請求や留学相談は以下のメニューよりお気軽にお問い合わせください。